コマンドプロンプトでlinuxコマンドを使用できるようにしてみた

投稿者: | 2014/10/31

概要

普段、linuxで作業していると、
コマンドプロンプトが不便すぎてしょうがないと思う。
そこで、コマンドプロンプトで
linuxコマンドを使用できるツールがあるとのことで使ってみた。

Linuxコマンドを使用できるようにする

「Gow」というツールをインストールします。
https://github.com/downloads/bmatzelle/gow/Gow-0.7.0.exe

環境変数のPathへの追加も自動でしてくれるため、
デフォルトインストールでOK。

インストール後、コマンドプロンプトを起動して下記コマンドを実行すると
使用できるLinuxコマンドが確認できます。

C:\>gow -l
Available executables:

  awk, basename, bash, bc, bison, bunzip2, bzip2, bzip2recover, cat,
  chgrp, chmod, chown, chroot, cksum, clear, cp, csplit, curl, cut, dc,
  dd, df, diff, diff3, dirname, dos2unix, du, egrep, env, expand, expr,
  factor, fgrep, flex, fmt, fold, gawk, gfind, gow, grep, gsar, gzip,
  head, hostid, hostname, id, indent, install, join, jwhois, less,
  lesskey, ln, ls, m4, make, md5sum, mkdir, mkfifo, mknod, mv, ncftp, nl,
  od, pageant, paste, patch, pathchk, plink, pr, printenv, printf, pscp,
  psftp, putty, puttygen, pwd, rm, rmdir, scp, sdiff, sed, seq, sftp,
  sha1sum, shar, sleep, sort, split, ssh, su, sum, sync, tac, tail, tar,
  tee, test, touch, tr, uname, unexpand, uniq, unix2dos, unlink, unrar,
  unshar, uudecode, uuencode, vim, wc, wget, whereis, which, whoami,
  xargs, yes, zip

C:\>

bashに似たシェル環境を使用できるようにする

「clink」というツールをインストールします。
https://github.com/mridgers/clink/releases/download/0.4.2/clink_0.4.2_setup.exe

これもデフォルトインストールでOK。
このツールが備える機能は下記の通り。

・GNU readlineを実装し、bashと同じショートカットキーを利用可能
・[Tab]キーによるパスおよびファイル名補完機能
・[Ctrl] + [V]によるクリップボードからの貼り付け機能
・環境変数を利用した実行ファイルの利用
・[Ctrl] + [_]キー or [Ctrl] + [X]キー→[Ctrl] + [U]キーによる「元に戻す」「やり直す」
・セッション間の保持や検索機能、ヒストリー展開をサポート
・スクリプト言語として「Lua」をサポート

このツールのおかげで[Ctrl] + [L]キーで画面クリアや、[Ctrl] + [R]キーで後方検索ができるようになります。
補足として「clink」をインストールするとコマンドプロンプトの初期表示画面の文言が少し変わります。

cmd_before_after

とりあえず、これで不便すぎてしょうがなかったコマンドプロンプトが使いやすくなると思います。

以上!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です