クリップボード履歴の管理ソフト「Clibor」が便利

投稿者: | 2015/01/31

概要

仕事やプライベートでPCで作業を行う際、
作業効率の観点からコピー&ペーストを使用する機会が多いと思います。
しかし、クリップボード上では直前にコピーしたもの1つしか
データを保持することができません。
※直前にコピーしたデータしか貼り付けることができません。

そこで今回、「Clibor」を使用することにより、
クリップボードの履歴を管理できるようにします。

「Clibor」のDL → 配置 → 起動

  1. 窓の社 で「Clibor」をDL
  2. DLした「clibor.zip」を解凍
  3. 解凍した「clibor」フォルダを任意の場所(C:\Program Files\に置きました)に配置し「Clibor.exe」を起動

「Clibor」の特徴

  • タスクトレイに常駐し、必要な時だけ呼び出し邪魔にならない
  • 「Ctrl」キーを2回連続で押すことで、呼び出し可能
  • クリップボードの履歴は最大1,000件まで保存可能
  • クリップボード履歴・定型文の検索が可能
  • 定型文の登録が可能(グループ分けや、メモを付けることが可能)
  • クリップボードの編集・削除・整形・変換が可能
  • インストール不要でレジストリを汚さず、ライブラリ等不要でダウンロード後すぐに使用可能

etc…

「Clibor」の基本的な使い方はこちらを参考にしてください。

Clibor

あとは、スタートアップに登録しておけば再起動後も気にせず使えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です